Toronto's CN Tower in the Summer子供を一人で留学させるのは心配だし、自分自身も一度留学してみたかった・・・、長く勤務した日本の会社を思い切って退職し、家族で自由な海外生活にチャレンジしてみたい・・・といった形で家族移住の可能性やその視察を兼ねた親子留学のご相談を受けることが近年多くなってきました。

学齢期のお子さんの付き添いとして保護者様の滞在が許可されるケースは多く、特に小中学生の低年齢のお子さんの留学には、低学年の入寮を認めている私学でない場合、 保護者の付き添いがないとホームステイの斡旋が年齢制限のため受けられないなど、実現できない場合もあります。また、保護者様がご一緒されることでお子さんの精神状態も安定し、現地校でのお勉強やお友達作りに集中させてあげることが可能になります。

小学生の場合は学校への送り迎えがあるため、付き添いの保護者様がフルタイムの通学をすることは難しくなりますが、お子さんが学校生活に慣れてきたら、送り迎えの合間を縫って、語学学校等に通学することは可能です。

中学、高校に入ると学校の送り迎えは必要ないため、日本ご出発前から保護者様もフルタイムの通学予定で一緒に学生ビザの取得を頂くことも可能です。特に永住を視野に入れた長期計画で渡航のご家族の場合、保護者様も英語だけでなく、永住してからのキャリアに少しでも有利なカレッジコースなどを受講されると良いでしょう。

ご自身の時間も有効に利用しながら、英語を学ぶ大変さをお子さんと共感しながら、海外での新生活を一緒に是非満喫してください。
ぼんやりとした希望だけで終わらせないよう、親子留学、永住にも様々な道の開き方がありますので、「こんなことができるのかしら?」と思われたらまずは当社へご相談ください。

Education Primeでは教育、ビザ、不動産の専門家が業務提携をすることで、皆様の夢の実現のお手伝いをさせていただいています。

Green Line